アフィリエイトは芸術に似ているものだ

アフィリエイトは芸術である

皆さんはアフィリエイトをどんなイメージで捉えているでしょうか?

お金儲け、副業、在宅ワーク、パソコンでのお仕事、様々だと思います。

私としては、アフィリエイトは芸術やゲームに似ていると感じています。

セミナーや教材を読むと感じること

アフィリエイトセミナーや教材

アフィリエイトセミナーに参加したり、教材を読むと刺激されます。刺激されてモチベーションが上がります。一時期は。

この感覚って、何かに似ているな~と思っていたんですが、今日思いつきました。

芸術です。
 
 
音楽を例に挙げましょう。

自分の大好きなアーティストのライブに参加して興奮してくると、アーティストと一体になった感覚を覚えます。自分の歌が上手くなったように感じたり、ギターが弾けないのに弾ける気になったり。

でも現実はほとんど何も変わってないんですけどね。

絵画でも同じです。アマチュアの絵描きが有名な絵画の展示会に行くと、見事な絵にインスパイアされて、「自分もこんな絵が描ける」ような気になるんだそうです。

でも現実はほとんど何も変わってないんですけどね。
 
 

どんなものでも努力は必要不可欠

アフィリエイトの練習

それなりに人の心を打てるような作品を創るには、下積みや勉強と多くの時間が必要です。

「アフィリエイトが芸術と似ている」と題したのはまさにその部分です。人の興味を惹きつけ、感情移入させ、購入まで導くサイトを作るには、相応の努力が必要ですので。
 
 
しかし多くのアフィリエイトのセミナーや教材は、「稼ぐ手法!」「〇か月で月収100万」という見出しで宣伝してるので、”アフィリエイトは不労所得で簡単”と思って参入してくる人が後を絶ちません。

特に情報商材業界は、甘い言葉で釣ってお金を吸い上げるのが現実です。

でも芸術ほど難しくは無い

アフィリエイトは芸術と似ている

芸術と似ていると感じているとはいえ、アフィリエイトは芸術ほど難易度は高くありません。

なぜなら、2~3年真面目に地道にやっていれば、誰だって収入は得ることが出来るのです。芸術だったら、下積み10年、学校行くのに何百万も払ったり、それでもお金を稼げるか分からない世界です。

そういう意味では、アフィリエイトは簡単な方です。
平日の本業にプラスアルファで活動を続けることが難しいのです。
 
 
セミナーや教材を批判するような事を書きましたが、批判ではありません。
良いセミナーや良い教材に出会ってインスパイアされたのをきっかけに、頑張ってモチベーションを保とうとして継続力が上がったり、スキルが少しずつ上がって収入獲得への道が急に開けるケースは沢山あります。

それにはまず、歯を食いしばってでも100日毎日サイト作りや勉強をやってみてください。

高価な教材を買ったり、やセミナーに参加するのはそれから後でも遅くありません。

Pocket

コメントを残す

このページの先頭へ